> >

「気」の健康コラム
~PHPからだスマイル連載コラム

PHPスペシャル連載コラム一覧 >>

Vol.2

気を引き入れて元気になろう!

「令和」の時代

4月1日に発表された新元号「令和」は、『万葉集』の歌が出典ということで、自然を愛し、花をめで、季節の変化を楽しむことのできる、皆が調和した日本の未来を思い描けるすてきな言葉ですね、

実は、この新元号の発表を、私は中国北京で、気功研究の大家であり、中国古典に非常に詳しい 林中鵬(りんちゅうほう)先生の元でライブで見ていたのです。そして、『万葉集』が出典で、「令和」と発表されると、林先生が「この『令和』という言葉は導引のことを説明した言葉なのです」とおっしゃったのです!

導引とは、古代中国に生まれた体内の気を動かして元気になる、野生動物から学んだ修練法ですが、紀元前い書かれた『荘子』刻意篇もその導引についての記述があり、そこの部分を晋(265~420)の李頥が解説をした言葉に「導引者、導気令和、引体令柔」とあるのです。


気を和して元気になる

つまり導引とは、「気を体内に導いて調和し、体を引いて柔軟にする」ことで、「令和」はまさに気を和する、という意味なのです。

高齢化社会を迎えて、歳を重ねても元気に過ごすことが大事なこれからの時代。

さあ、まずは息をふ~っと吐いて、自然の空気を体内に引き入れて「令和」で元気に過ごしましょう。


※月刊誌「PHPからだスマイル7月号」掲載コラム(早島妙聴監修)より

道家道学院本校サイトバナー
 

PageTop▲
Copyright © 2013 TAO-ACADEMY All Rights Reserved.