> > > 自分でつくりだした「気」が…

名著に学ぶ
「運を呼びこむ気のパワー」

自分でつくりだした「気」が「運」をいっしょに連れてきた

自分でつくりだした「気」が「運」をいっしょに連れてきた。

初代学長 早島天來(筆名:早島正雄)著「運を呼びこむ気のパワー」より

自分自身の気が、運をつれてくるなら、気を高める方法、知りたくなりますね。

運がいい時、悪いとき

運を呼びこむ気のパワー ~人生を変える驚異の超能力体に気が満ちあふれて、元気な状態でいるときは、なんだかいろいろなことがうまく進み、チャンスもむこうからやってくるような気がしますね。 それは自分自身の気が、運をいっしょにつれてくるからなのです。 気を高め、体内に気が満ちあふれる状態になれば、自然に幸運になるのです。

逆にちょっと風邪をひいて、調子が悪いときは、仕事もうまくゆかず、上司にしかられたり、契約がとれなかったりして、ますます元気がなくなることが多いのです。 それは風邪という気の滞りによって、貴方の気のコンディションが悪くなり、体内に気の滞りができて、流れがスムーズでなく、また気の量も低下しているのです。 そんな時は必死にその状況を改善しようとしても、うまく進まないことが多いのです。

運が悪いときの改善法

ですから、まず貴方の気のコンディションを回復しなくてはなりません。
十分な睡眠をとり、済んだことは悩まないことです。  そして風邪を早くなおして、またコンディションがよくなって再チャレンジすることですね。

また風邪を引くというのも、気のコンディションが低下している証拠です。
気にあふれている人は風邪もひきにくくなるのです。

体に気が満ちあふれるようになるには、過去の失敗を悔やんで気の消耗することをやめて、もっと自分の気を大切にしましょう。 失敗は成功の元です。

また気量を高めるための、気のトレーニングがなんといっても効果的です。



道家道学院本校サイトバナー
 

PageTop▲
Copyright © 2013 TAO-ACADEMY All Rights Reserved.