> >

女性のための老子「philosophy of taoism」
~PHPスペシャル連載コラム

PHPスペシャル連載コラム一覧 >>

女性の柔軟さを生かして生き生きと

さあ今月も、紀元前の古代に、女性の柔軟さに大きな価値を見いだしていた女性の味方『老子』から、現代に生きる女性の、時代を生き抜くポイントを学んでみましょう。


赤ん坊の徳

今月は「赤ん坊の徳」です。

『老子』は自然な生き方を身につけて深い徳を内に秘めた人は、まるで赤ん坊のようだと言っています。

無心な赤ん坊のことは、毒虫も刺さないし、猛獣も爪をかけないというのです。

生まれたままの無邪気さには、野生動物も敵対の気持ちを持たないのでしょうね。


これは私たち女子が、厳しい現代社会に生きぬくために、一つの大きなヒントになります。

戦いに負けずに強く生きぬくのでなく、相手が敵対心を起こさない、無邪気な無為自然な生き方を身につけられたら、戦わずして勝てるのです。



気の調和で、生き生きと

含徳の厚きは赤子に比す


── 徳を秘めた人は赤子のよう



考えてみれば、赤ん坊は一日中泣いていても声がかれることがありません。

元気いっぱいの赤ん坊にも、実は、泣き方にもこつがあるようです。
泣きっぱなしではなく、泣いてそして、ふと気をいれる間があるのです。

赤ん坊はこの絶妙な呼吸法を自然に身につけているので、一日泣いても疲れないのです。


現代の、この忙しい時代に生きる女性も、この絶妙な呼吸法、生き方を身につけたら、仕事にも、人生にも、もっと生き生きと楽しく過ごせることでしょう。

動いたら、ふっと休む。
この仕事は終わりまでやらなくちゃ、と力まないで、疲れたらちょっと休んで、気を入れるのです。

気分転換のコーヒーブレイクでも、お気に入りのランチメニューに、春のサラダを添える、そんな工夫でもいいのです。

そしてまた仕事に向かうのです。

この上手な気の入れ方、休み方を身につけたら、仕事をしても、家事をしても、もっと自由自在に女性の柔軟さを生かして、生き生きと活躍できることでしょう。



<<コミュニケーションを楽しもう

あなたらしく生きる>>

※月刊誌「PHPスペシャル 7月号」掲載の連載コラム
  「女性の老子~philosophy of taoism(早島妙聴監修)」より

更新日 2015年06月10日

女性のための老子 コラム一覧

■女性の老子<1>
「上善は水の如し」
~ 女性よ、水のように美しく
■女性の老子<2>
「多言はしばしば窮す」
~ コミュニケーションを楽しもう
■女性の老子<3>
「含徳<がんとく>の厚きは赤子に比す」
~ 女性の柔軟さを生かして生き生きと
■女性の老子<4>
「素をあらわにし 樸を抱く」
~ あなたらしく生きる
■女性の老子<5>
「曲がっているから幸せ」
~ 自分のことを、もっと好きになれる
■女性の老子<6>
「背伸びはやめよう」
~ まじめで頑張りやのあなたへ
■女性の老子<7>
「欠点を生かして自分らしく自由に生きる」
~ 水のように自分らしく生きる
■女性の老子<8>
「天の道に沿った善行とは」
~ 善行とは、跡ものこらない自然な道
■女性の老子<9>
「ピンチもチャンスに変えられる」
~ 人生は山あり谷あり
■女性の老子<10>
「家が片付かないあなたへ」
~ 足るを知れば家はすっきり
■女性の老子<11>
「幸せへの道も1歩から」
~ 千里の行も足下より始まる
■女性の老子<12>
「なにも考えないで静かにしている時間を楽しもう」
~ 虚(きょ)を致すこと極まり、静を守ること篤し
■女性の老子<13>
「年を重ねて幸せに生きる、重要な2つのポイント」
~ 気を大切にし、心と体を柔軟に 赤子のように生きてゆきましょう
■女性の老子<14>
「自分らしさを磨いて、明るく生きよう」
~ 天下皆美の美たるを知る、これ悪のみ
■女性の老子<15>
「一緒にいて楽しい人 疲れる人」
~ 希言(きげん)は自然なり 自分の意志を伝えるには 言葉が少ないほうが良い
■女性の老子<16>
「柔軟さこそが生命力」
~ 木々も若いときは柔軟で、堅くなると枯れる
■女性の老子<17>
「気持ちをすっきり切り替える」
~ 手にもった杯を満たすとこぼれるので、良いところでやめよう
道家道学院本校サイトバナー
 

PageTop▲
Copyright © 2013 TAO-ACADEMY All Rights Reserved.