> > >

老子・荘子に学ぶ
「人生を最高に生きる 老子の言葉」

気のパワー溢れる 老子の無為

― 人生を最高に生きる 老子の言葉 ―

老子の説く無為

学を為(な)せば日に益(えき)し、
道を為せば日に損(そん)す

── 道に徹すれば、学問も楽しいし、人生も豊かになる。

初代学長 早島天來著 「定本・老子道徳経の読み方」より


作為と無為

人は沢山学問をすればするほど、学歴や資格などに執着し、学んだことを背負って歩くようなことになりがちです。

それに対して、老子の道を為すとは、無為自然の道を実践することで無為になることです。


気のパワー溢れる無為 ~大切な人に会う

では、人に会うときの「無為」の姿について、考えてみましよう。

相手のことを良く知っている人に聞く、とか、ネットで調べる。趣味や好きなものを調べて、手土産をもってゆくなど、さまざまな準備をすることでしょう。
また自分が良い感じに見える服装を選ぶことでしょう。

そして準備をしっかりしても、失礼がないだろうか、うまくいくだろうかと気にかける、それが作為です。

面会の当日、なにより自分らしくありのままに、素直に相手に向かう、見栄をはらずに、精一杯、会えることを楽しみにして相手に会う、これが無為の状態です。

つまり見栄を張らずかっこうをつけず、会えて光栄です、嬉しいですという、その素直な気持ちで向かうことで、あなたの目は輝き、肌のつやもよくなり、気のパワーに溢れた人となれるのです。

人は誰でも、意識するしないに関わらず、その人から発信される良い気、幸せな気、緊張の気、また作為の気などを、なんとなく不思議にとらえるものです。

だからこそ老子は、無為になるのが一番よいと教えたのです。
そしてまた、いつもそんな気持ちで人に向かえば、すてきな出会いも増えて、より楽しく豊かな人生になることでしょう。



自分のやりたい仕事が舞い込むようになりました。
~道家道学院受講生の声~

仕事や人間関係でのストレスで体力も気力も続かないと感じ始め「もっと元気に生活したい」と気のトレーニングを始めました。気がつくと心に余裕ができて、他人からの評価や人間関係にも振り回されない自分になり・・・


<< 実践してこそ「道」

働くことも休むことも同じくらい大切>>

※このページは、KKベストセラーズ発行の月刊誌「一個人」の連載記事
  「人生を最高に生きる 老子の言葉(早島妙聴監修)」より抜粋しております。
  この連載は、定本「老子道徳経の読み方 早島天來編」に更に詳しい解説を加え、
  老子の言葉をわかりやすく伝えています。
  記事の全文は、KKベストセラーズ「一個人11月号」をご覧ください。


更新日 2014年10月01日

道家道学院本校サイトバナー
 

PageTop▲
Copyright © 2013 TAO-ACADEMY All Rights Reserved.