> > >

老子・荘子に学ぶ
「人生を最高に生きる 老子の言葉」

人の道は固定したものではない

― 人生を最高に生きる 老子の言葉 ―

道の道とすべきは常の道にあらず

── 人の道は固定したものではない

人が道と名づけた道は、天の道ではない。だから永遠不変の道ではない
すべての存在がもともと無であることを知れば、これほど楽なことはない。

初代学長 早島天來著 「定本・老子道徳経の読み方」 より


人が幸せに生きるとは

人類の現状を冷静に見てみると、道を歩く人々は、本当に幸せそうな顔をしているでしょうか?
そして、また「あなたは幸せですか」と聞かれたときに、「はい 幸せです」と即答できる人がいったいどれだけいるでしょうか?

なぜ「幸せ」を実感できないのか、その大きな原因が、人生とは人間の考えた優秀や常識の則った、まっすぐの道であるべきだと考えるからではないでしょうか。


人生の大切な時に読む「老子」

人生は毎日大変なことが沢山あり、それを乗りこえて必死に生きて来たら、気づいたらこんな年齢になっていた。
完璧ではないが、一生懸命生きて来た、この人生は、いったいどうだったのだろう。

人生のある地点に到達して考える時、そんな時に答えをくれるのが「老子」です。


宇宙の歴史に、つい最近生まれた人間

私たちが行かされているこの宇宙は138億年前にビッグバンによって生まれたといわれています。

そして、私たち人間の祖先が地球に生まれたのはつい最近で500万年~700万年前といわれています。まだまだ人類はこの宇宙でも地球上でも初心者です。

そんな初心者の人間の頭で考えた、ちっぽけな常識やこうあるべきだ、というような社会通念に人生を束縛されて生きるのではなく、宇宙の流れに添って生きよう、そんなふうに思うだけでも楽しくなります。


「道」TAOとは老子が名付けた永遠不変の原理原則 

老子は、この宇宙には永遠不変の法則があり、そのことを「道」TAOと名付けたのです。
そして、この「道」TAOに添って無為自然に生かされることこそ、人類の最も幸せで、対立のない、力強い生き方なのであると、説いたのです。

そして、私たちはこの世に生まれてくる前は無、死んでしまえばまた無に戻ります。

地位も名誉もお金も、死んでもってゆくことは出来ないということが、本当にわかったら、もっと気楽に楽しく生きてゆけるのです。




老子の学校 道家道学院

永遠不変の原理原則「道」TAOをを実践で学び
気楽に楽しい人生を目指したいあなたへ


母なるものは永遠である>>

 



※このページは、KKベストセラーズ発行の月刊誌「一個人」の連載記事
  「人生を最高に生きる 老子の言葉(早島妙聴監修)」より抜粋しております。
  この連載は、定本「老子道徳経の読み方 早島天來編」に更に詳しい解説を加え、
  老子の言葉をわかりやすく伝えています。
  記事の全文は、KKベストセラーズ「一個人5月号」をご覧ください。

更新日 2014年04月03日

道家道学院本校サイトバナー
 

PageTop▲
Copyright © 2013 TAO-ACADEMY All Rights Reserved.