> > エコノミークラス症候群 その1

生きるタオコラム

エコノミークラス症候群

このコラムは、2016年4月の熊本地震発生の際に、公開いたしました。
足の疲れもとれ、足が軽くなるだけでなく、血流も良くなる簡単な導引術です。
今回の大雨で、被害を受けた皆様も、よろしければ 是非 お試しください。

足指を動かす導引術

熊本の震災は、昨夜も震度5強や5弱の余震があり、まだまだ予断を許さない状態です。
ライフラインにも影響があり、被災地の皆様には、窮屈な状態で避難を余儀なくされている方々が まだまだ沢山おられることでしょう。
1日も早く安心できる日常に戻られますよう、心からお祈りしております。

避難が長期化してきて、エコノミークラス症候群という言葉がいわれるようになりましたが、ぜひ皆さん 避難現場でもできる、気のトレーニングの一つ、足もみの簡単な方法を試してみてください。

足の疲れもとれ、足が軽くなるだけでなく、血流がよくなりますので、エコノミークラス症候群にも良いと思います。

足先は、心臓から最も遠いところですから、その足指を動かしてあげることで、血流の流れはとてもよくなります。 
簡単にできますので、避難先でも また心配がたえないご自宅でもやってみてください。

足の指をかるく持ってくるくると動かすのです。
きつくやらず、軽く 気持ちよく これが最も効果的です。

足の指は通常あまりよく見ることもなく、手入れなどしない方が多いことでしょう。
この機会に、足のお手入れをしてみてください。

同じように手の指をくるくるもむことも効果があります。
足より簡単にすぐできますので、ぜひやってみてください。

更新日 2016年4月20日


道家道学院本校サイトバナー
 

PageTop▲
Copyright © 2013 TAO-ACADEMY All Rights Reserved.