> >

女性のための老子「philosophy of taoism」
~PHPスペシャル連載コラム

PHPスペシャル連載コラム一覧 >>

幸せへの道も一歩から

千里の行も足下より始まる


~幸せへの道も一歩から



どんな長い道のりも、目の前の一歩から

 「千里の道も一歩から」という言葉は、皆さんも聞かれたことがあるのではないでしょうか。

実はこの言葉の元は、紀元前の古代中国で書かれた世界の名著『老子』に見られます。この『老子』が語る、「どんな長い道のりであっても、まず目の前の一歩を踏み出すことからすべてが始まっている」、という真理を知ることで、私たちの人生の可能性は、もっと大きく広がります。そしてもし、読者の皆さんが、道のりの長さや、目指すものの大きさに躊躇して、その一歩を踏み出せずにいたとしたら、今年こそは、目の前の一歩を迷わず積極的に踏み出して、輝く幸せな人生を開いてゆくべきなのです。


目の前の一歩の実践で、幸せの扉を開く

これは、たとえば国家的なプロジェクトであっても、また個人的な目標、たとえば語学を習得したいとか、料理上手の友人のように手料理のレパートリーを広げたい、と願うことでも実は同じなのです。

どんなことであっても、すべて何かを成し遂げるには、まずは最初の一歩から始まります。日々の忙しさで、つい手をつけていないことは誰にでもありますが、反省するより、まず目の前の一歩を歩み出してみましょう。語学を習得したかったら、まずは一つの単語を覚え、また料理のレパートリーを広げたいなら、食卓の小さな一品から始めてみれば良いのです。一つの単語を覚えたら、使ってみること、そして一品をレシピ本から見つけたら、今夜の食卓に出してみることです。

この確かな実践こそが、あなたの毎日を輝かせ、幸福へと導くのです。さあ、今年こそは、幸せへの一歩を、もっと気楽に踏み出してみましょう。そこにいる、新しいあなたに巡り合うために。


<<家が片付かないあなたへ

なにも考えないで静かにしている時間を楽しもう>>

※月刊誌「PHPスペシャル 2月号」掲載の連載コラム
  「女性の老子~philosophy of taoism(早島妙聴監修)」より

更新日 2016年1月10日

女性のための老子 コラム一覧

■女性の老子<1>
「上善は水の如し」
~ 女性よ、水のように美しく
■女性の老子<2>
「多言はしばしば窮す」
~ コミュニケーションを楽しもう
■女性の老子<3>
「含徳<がんとく>の厚きは赤子に比す」
~ 女性の柔軟さを生かして生き生きと
■女性の老子<4>
「素をあらわにし 樸を抱く」
~ あなたらしく生きる
■女性の老子<5>
「曲がっているから幸せ」
~ 自分のことを、もっと好きになれる
■女性の老子<6>
「背伸びはやめよう」
~ まじめで頑張りやのあなたへ
■女性の老子<7>
「欠点を生かして自分らしく自由に生きる」
~ 水のように自分らしく生きる
■女性の老子<8>
「天の道に沿った善行とは」
~ 善行とは、跡ものこらない自然な道
■女性の老子<9>
「ピンチもチャンスに変えられる」
~ 人生は山あり谷あり
■女性の老子<10>
「家が片付かないあなたへ」
~ 足るを知れば家はすっきり
■女性の老子<11>
「幸せへの道も1歩から」
~ 千里の行も足下より始まる
■女性の老子<12>
「なにも考えないで静かにしている時間を楽しもう」
~ 虚(きょ)を致すこと極まり、静を守ること篤し
■女性の老子<13>
「年を重ねて幸せに生きる、重要な2つのポイント」
~ 気を大切にし、心と体を柔軟に 赤子のように生きてゆきましょう
■女性の老子<14>
「自分らしさを磨いて、明るく生きよう」
~ 天下皆美の美たるを知る、これ悪のみ
■女性の老子<15>
「一緒にいて楽しい人 疲れる人」
~ 希言(きげん)は自然なり 自分の意志を伝えるには 言葉が少ないほうが良い
■女性の老子<16>
「柔軟さこそが生命力」
~ 木々も若いときは柔軟で、堅くなると枯れる
■女性の老子<17>
「気持ちをすっきり切り替える」
~ 手にもった杯を満たすとこぼれるので、良いところでやめよう
道家道学院本校サイトバナー
 

PageTop▲
Copyright © 2013 TAO-ACADEMY All Rights Reserved.